読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は今日に追いつけたのだろうか

ヒキニートからあがいた結果、自営業と副業とアフィリエイトで食えるようになった人のブログ。

アフィリエイトで超参考になる!初心者向けの7記事を厳選してみた

f:id:syufufukugyou:20170120032958j:plain

アフィリエイトは難しい。アルバイトのように作業内容が決まっているわけでもなければ、やればやった分だけ成果が出るわけでもない。

だが、軌道に乗りさえすれば本当に有り難いものだ。24時間365日働いてくれる不労所得製造マシンとなるのだから。月数万でも人生にそんなチートがあれば心強い。

なにしろアフィリエイトで辛いのは成果が出るまで。成果が出るまで頑張れたなら、少なからずコツもつかめて生涯使える財産(ノウハウ)が身につくだろう。しかし、実際はほとんどの人が成果を出す前に脱落してしまう。そういった所が“アフィリエイトで月1万以上稼げている人は全体の5%以下”という数字に現れているのだろう。

そんな中、最近ではアフィリエイトで成果を出している方々がHOW TO系の記事を書く事が増えてきている。内容は様々だが、いずれも実際に成果を出している方の記事だけあってサイト作成の際非常に参考になる。

そういった方々のノウハウやサイトを参考にさせて頂くため、その手の記事を集めてみた。ちなみに私はこの手の記事を50記事以上は読んでいるが、今回はその中でも特に初心者のアフィリエイトに具体的に使えそうな記事を7記事厳選して紹介する。

初心者向けアフィリエイトの参考記事

アフィリエイトは記事を書かないと始まらないが、どんな記事を書けばいいのか解らず投げ出してしまう人は多い。そんな中、このブログに書かれているレビュー系ブログの作り方は非常にシンプルで普遍的なので、初心者でも着手しやすいし無理なく書いていけると思う。身の回りのネタで月3万以上狙うことも十分可能だろう。特にアフィリエイトをはじめたばかりの頃は色々手を出してわけわからない記事を連発した挙句に全く稼げなかったという事はよくある。それならばこういったシンプルな記事を書き続けるほうがよっぽど稼ぐための近道になると思う。

マニアックな記事を書き、少ないアクセスでも高単価アフィリで稼ぐという考え方。多くの人はアフィリに時間も労力も多く割けない中とても有効なやり方だと思う。アフィリエイトにおいて、1000円の報酬が1日1回売れれば月3万円、その位なら少ないアクセスでも売れる、という考え方は非常に大事。思うに、この手法は商材ありきで考えたほうが楽だろう。「この商材なら自分でもマニアックな切り口で書けそう」という案件をASPから探すといいと思う。その際は報酬発生条件が無料登録など訪問者の敷居が低いものにしよう。この記事は 追記1追記2で更に詳しく踏み込んでいる。

先のマニアック記事のお手本となるような事例。作成所要時間9時間の記事で3日間で30万以上を稼いだという方法が実際のそのページを例に解説されている。この事例の集中的な収益は期間限定のイベントによる力が大きいと思うが、キャッシュポイントの選定やロングテールキーワードとの絡め方などは期間限定でないマニアック記事を書く際もほとんど同じなのでとても参考になる。上記記事でも同じような言及があるが、こういったイベントに限らず世の中のニーズと広告を結びつける視点を持つ事がアフィリエイトで成果を出す際重要になってくるのではないだろうか。

アフィリにおいて収益が発生しやすいパターンのひとつは、報酬発生条件がサイト訪問者にとって負担の低い案件だ。この記事にあるお試し化粧品などは料金が安かったりあるいは無料だったりするので、低負担案件の良い例。また、資料請求や会員登録だけで報酬が発生する案件もある。最近で言えばアプリのインストールやアマゾンプライムへの登録なども訪問者への負担が大きくない案件だろう。このようにサイト訪問者の負担が低い案件が実は結構ある。そういった低負担案件をうまくアフィリエイトできればコンバージョンの高いサイトが作れると思う。

アフィ未経験者へ指導しながら、1から作ったサイトが月5万以上稼げるまでになった過程を解説している記事。この記事の有り難い所は、実際のそのサイトを見せてくれるところ。アフィリエイトサイトを作成する際に強力なネタになるのが、自身の経験だ。例として挙げられているサイトは、自身の経験を元に見事にサイトに仕上げていてすごく参考になる。この記事には、管理人の特色の出し方と差別化、アフィリエイトプログラムの選び方、テーマ・コンセプト・構成の作り方などが実践的に書かれていて、初心者でも地に足の着いたサイトを作れるノウハウが詰まっている。

先に挙げた「自身の経験をアフィリネタにする」際に有効なコンテンツのひとつが職業経験だと思う。こちらの方も自身のバイト体験を元に記事を作成されているようだ。ほとんどの人が何らかのバイトや仕事に関わるもの。それだけ多くのニーズがあり、情報を求めている人が多いだろう。書く側も自身が経験した職のことなら詳しく理解しているだろうから記事も書きやすいはずだ。大手チェーンや大企業などはそれだけ雇用者目線での情報を求めている人は多いし、あるいは「タクシー運転手」「ケアワーカー」など職業名で書いてもアクセスが集まりそうだ。

アフィリで何が大変かというと、記事を書くことだと思う。作りたいサイトがあっても記事を書く時間がなく、結局ほとんどコンテンツを残せずに辞めていくアフィリエイターが沢山いる。アフィリはとにかくWEBにコンテンツをアップしないと何も始まらない。時間がない人はいっそ記事を外注したほうがまだ形あるものを作れる可能性があるのではないだろうか。外注は上級者向けのイメージがあるが、1記事数百円で外注は可能なのだから初心者でも少ない記事からトライ&エラーでやっていくことは可能だと思う。ただ、外注する際はテーマ選びやサイト構成を綿密に考えないと全く稼げない事もあり、投資分が回収できない事もある。外注するならそのあたりの勉強をあらかじめ集中的にやっておいたほうがいいだろう。

今後も更新します

今回はアフィリエイト初心者向けの参考記事を紹介してきた。
具体例のあるサイト様が多く、初心者の方もイメージを掴みやすかったのではないだろうか。アフィリエイトノウハウ系記事はどんどん増えてきているので、今後もおすすめが見つかれば更新していきます。